2013年2月2日土曜日

iPhoneのバージョン6.1にアップデート

アップデートは設定から行えます。

充電が50%以上か充電にさしている状態でないとアップデートはできません。


なにが変わったのかと言うと、とくに変わった感じはしせん。

LTEの回線状態が少し安定していたり。


システムの機能向上と問題修正


au版の対応周波数が拡大という記事も

既報の通り、米アップルは携帯端末向けOSの「iOS」を最新の「iOS 6.1」に更新するアップデートの配布を開始した。これを適用することで、LTE対応キャリアの拡大などが実現しているが、その中で、KDDI(au)向けiPhone 4Sに対して、対応周波数拡大も実施されているようだ。

au向けiPhone 4Sは、2GHz帯の周波数帯域を使って3G通信サービスを提供している。この周波数帯は、もともとKDDI向けに15MHz幅×2の帯域が割り当てられており、昨年7月以降は、これが20MHz幅×2に拡張されている。これはPHS向けに割り当てられていた周波数帯と隣接していた帯域で、ガードバンドとなっていたが、これが開放されたため、その5MHz幅×2が追加されていた。

yahooニュース

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...